PROFILE

管理人:
CustomUdon
or
酒粕と絞り粕P

SHORT MESSAGE


pixiv
SSはPixivに投稿しています。

LINKS

RSS

 

COUNTER

<<2010/05 │ 2010/06 │ 2010/07>>
123456789101112131415161718192021222324252627282930
性的な内容を含んでいます。18歳未満の方はこちらより退場して下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘビーセーブデータをzipにせずサクッと投稿したかったので、ロダ借りました。
ヘビーセーブデータ置き場

要望を頂いていたもの、その他適当に放り込みました。

今作っている背景です。
RPGなどの、酒場付宿屋・道具屋みたいなもの

頂点数
 9000~9500くらいになる予定
テクスチャー(現時点)
 768x768 2.3MB x 1枚
 128x128 65KB x 4枚
 カラー用テクスチャ x 2枚

要望がありましたので、たまに更新するかもしれないテクスチャの記事

細かい説明はバッサリ切ってます。
背景や服のテクスチャを作るとなると、もっと工程が多いですが、基本は以下の工程で作っています。

動画のほうがわかりやすかったかも。

汁だらけの触手MODを作るような時に使うテクスチャ

自分の場合、PhotoShopにある複数(ここでは2枚)の既存のパターン模様を組み合わせて作ります。
GIMPにも色々入っているようなので、彩度を落とすなりして、それっぽい模様を用意。

2枚のテクスチャを別々のレイヤーに配置。

テクスチャに色を付けます。(色相を弄る・ブラシの乗算等で上から塗る)

上のレイヤーの設定を変更し、乗算やスクリーンといった方法で(適当に切り替えて選ぶ)下のレイヤーと重ねる。

コントラストを強め、彩度を若干落としたりしてテカリ具合を出す。

基本はこれでテクスチャを作っています。
もう少し複雑なテクスチャにする場合、他の模様を更に用意し、以上の工程を数回繰り返します。

気泡だらけで汁っぽいテクスチャの作り方。

上にレイヤーを作り、適当にぼかしの効いたブラシでムラを出しつつ塗ります。

消しゴムで円を作りながら消していきます。

今のレイヤーの下にもう一枚レイヤーを作り、円の上部辺りを黒でやんわり塗って影を作る。

上のレイヤーに戻って円の上部に点を描く。

今まで作った泡のレイヤーを左右反転させて、色を調整し完成。

«  | ホーム |  »

CATEGORY

NEW ENTRIES

NEW COMMENTS

ARCHIVES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。