PROFILE

管理人:
CustomUdon
or
酒粕と絞り粕P

SHORT MESSAGE


pixiv
SSはPixivに投稿しています。

LINKS

RSS

 

COUNTER

<<2017/07 │ 2017/08 │ 2017/09>>
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
性的な内容を含んでいます。18歳未満の方はこちらより退場して下さい。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

要望がありましたので、たまに更新するかもしれないテクスチャの記事

細かい説明はバッサリ切ってます。
背景や服のテクスチャを作るとなると、もっと工程が多いですが、基本は以下の工程で作っています。

動画のほうがわかりやすかったかも。

汁だらけの触手MODを作るような時に使うテクスチャ

自分の場合、PhotoShopにある複数(ここでは2枚)の既存のパターン模様を組み合わせて作ります。
GIMPにも色々入っているようなので、彩度を落とすなりして、それっぽい模様を用意。

2枚のテクスチャを別々のレイヤーに配置。

テクスチャに色を付けます。(色相を弄る・ブラシの乗算等で上から塗る)

上のレイヤーの設定を変更し、乗算やスクリーンといった方法で(適当に切り替えて選ぶ)下のレイヤーと重ねる。

コントラストを強め、彩度を若干落としたりしてテカリ具合を出す。

基本はこれでテクスチャを作っています。
もう少し複雑なテクスチャにする場合、他の模様を更に用意し、以上の工程を数回繰り返します。

気泡だらけで汁っぽいテクスチャの作り方。

上にレイヤーを作り、適当にぼかしの効いたブラシでムラを出しつつ塗ります。

消しゴムで円を作りながら消していきます。

今のレイヤーの下にもう一枚レイヤーを作り、円の上部辺りを黒でやんわり塗って影を作る。

上のレイヤーに戻って円の上部に点を描く。

今まで作った泡のレイヤーを左右反転させて、色を調整し完成。

«  | ホーム |  »

コメント

キタ~!!
これはお久しぶりなんですね。
なんだかテクスチャを見るだけで、ウドンさんがどんなに苦労したかわかるような気がするんです、お疲れです、そして、頑張ってくださいね~
>>ソウさん
いや~、間を空けてしまいました。
ありがとうございます。これからもMOD作り頑張っていきます。
これは勉強になりました。いつも質感がいいいなあと思っていたので
テクニックをちょっとでも見させていただけたのはありがたいです。
駄目元のリクエストでしたが……こんなに丁寧に解説して下さって恐縮です……!大変勉強になりました。
本当にありがとうございました!
はじめまして、いつも楽しみに拝見しておりますHarunoと申します。

既存のパターンの組み合わせでこんな風にも使えるんですね。それに、ブラシ→消しゴム→影→光沢の流れに脱帽です。

上の方と同じく、大変勉強になりましたm(_ _)m
皆様、勉強になったとのコメント、恐縮です。ありがとうございます。

>>クロ子さん
思った通りの質感を出すのは難しいですが、これをこだわり出すと、なんか楽しくなります。

>>改造初心者さん
本当は部屋などを作る上で基本となる"壁"とか"床"をやったほうがよかったかな・・と。
またこの記事も更新するかもしれません。その辺りはその時にでも。

>>T.Harunoさん
初めまして。コメントありがとうございます。
"困った時の既存のパターン"と、MODを作り始めてから感じました。
泡、いかに気持ち悪さを出すかなんて考えていた事もありま・・・いや、今もですね。
これはすごい勉強になりました・・・
作者さんの努力と熱意がすごすぎるw
先端の泡とかこんな感じで作ってたんですね
テクスチャ以外にも絵とかに参考にできそうです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://customsiru.blog47.fc2.com/tb.php/64-a40f67c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

CATEGORY

NEW ENTRIES

NEW COMMENTS

ARCHIVES

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。